ここから本文です

大阪大学と共同研究中の膵臓がんに関する論文が科学誌Oncotargetに掲載されました
2019.10.15

本論文は線虫がん検査N-NOSEが、ヒト以外の生物に対しても適用できる可能性を示した最初の報告です。今回、我々はすい臓がんのモデルマウス(遺伝子操作ですい臓がんになり易くしたマウス)の尿に対して線虫の走性行動試験を行いました。その結果、線虫は正常(対照)マウスの尿に対しては忌避行動を、すい臓がんモデルマウスの尿には誘引行動を示しました。この有意な走性行動の差は、線虫はヒトだけでなくマウスのガンの匂いもかぎ分けられることを示唆しています。





既報だけどこんなのもあるし(笑)