ここから本文です
  • >>898

    この1年間、かなりの組合を設立しているので、運営報酬が黒字となることはないとしてもある程度の収入の確保はできるだろうし、将来のĪpоの期待値は高まっているかも知れませんね。来年は、ナノミストテクノロジーズ株式会社が上場する期待はありますね。同社の松浦社長は、2019年中には上場を果たしたいと過去明言していますね。2019年から2020年目標に上場は伸びたみたいだけど期待できますよ。同社の発表では、会社設立から、計6億9千9百万円の資金を調達していますね。2015年には、株産業革新機構から5億円、フナイシパートナーズから2千万円、FVℂ運営の投資事業有限責任組合えひめベンチャーファンド(FVℂとえひめ銀行)が3千万円の計5億5千万円の資金調達を受けています。発行株数全体から見れば、FVℂの持ち株はそんなに多くありませんが、上場すれば久方ぶりのĪpоとして動意づくでしょうね。