ここから本文です

>>960

「優先出資証券」ですので株ではありません。
「普通出資」より優先して配当があります。また「資産」に対しては「債権者」が一番優先されますが優先権があります。
資産規模に対しては発行されている「優先出資証券」は約80万株弱と圧倒的に少数です。
増資の場合でも今後は発行されません。
機関投資家がほとんど持っており「流通量」はごく少量です。
ですので株価の下値リスクは一般に低いと言われています。
またその逆に上値も限られます。
流通量の少なさが「プレミア値段」になっていることも事実です。