IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

初め円安が140円くらいに成れば、下請けの分配率も上がると思っていたが、奥田の頃に下請けの利益を吸い上げる比率が高まり、その大資本家の普遍的欲望は変わらないので、例え連結決算でもその構造は変わらない。なので岸田さんのやろうとしている分配構造の改革は失敗する。資本家の普遍的欲望を規制で改革するのだと思うが、出来ない所もあり、最終的には資本家の意識レベルで変えて行くしかない。労働者だろうと、中小企業だろうと、下に行くほど、しわ寄せが来るのは、昔も今も変わらない。