IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

厚生労働省が16日時点で集計した死者の年代別では、80代以上が約60%、70代が約26%を占めた。60代は9.2%、50代3.1%、40代1.1%、30代0.3%、20代0.1%。10代以下はゼロだった。
この発表から察するに
治療法がない中で病気もちの人、とくに高齢者が死んでいるだけ
なぜ大騒ぎするのかわからない
自分ももうすぐ高齢者だが、国家経済的にはほぼ要らない人なわけでコロナで死ぬならある程度自然淘汰だと思っている。もちろん死ぬのは嫌だから若い人とはなるべく接触しないように気を付けている。
自分ら高齢者の命より国家経済の方が大事なわけで、経済活動を止めてほしくない。それより若者たちは感染して早く集団免疫を獲得して世の中が静まれば病院も落ち着いてまた老人中心の医療体制が取り戻せると思う。
テレビである先生が、「日本は30年ほどかかって老人中心の医療体制を築いてきた。それが崩壊すると経営が成り立たなくなる。」と言っていた。要らない人のための体制なんだと思う反面、自分も分け隔てなく治療してもらえるからありがたいとしみじみ思う。
結論:株価に悪影響を与える愚策には断固反対