ここから本文です

>>504

 マティス米国防長官は3日午後、トランプ政権の閣僚として初めて来日し、安倍首相や稲田防衛相らと会談する。

 一連の会談では、中国公船の領海侵入が続く沖縄県・尖閣諸島に米国の対日防衛義務を定めた日米安全保障条約5条が適用されることなどを確認する見通しだ。

 マティス氏は3日午後に安倍首相や菅官房長官、岸田外相とそれぞれ会談する。首相との会談は約1時間を予定している。4日には稲田防衛相と日米防衛相会談を行い、共同記者会見を開く予定だ。

 トランプ氏が大統領選中に尖閣諸島の防衛について曖昧な姿勢を示し、日米関係に不安が広がったことから、マティス氏は一連の会談で米側の尖閣諸島の防衛義務を明確にするほか、米国の「核の傘」で日本防衛を維持することを表明する方向だ。




蓮舫「尖閣は領土問題」と発言

8411 - (株)みずほフィナンシャルグループ  マティス米国防長官は3日午後、トランプ政権の閣僚として初めて来日し、安倍首相や稲田防衛相らと会談す