ここから本文です

ホルダーですが...
ATMの総利用件数の前年割れが見られるようになりました。
セブンイレブンの出店がペースダウン、それによりATMの台数増加もペースダウンしてきているのと、キャッシュレスの影響がジワリジワリきています。
まだ新しいサービス(現金受け取りサービス、交通系チャージなど)が浸透していないのと、今後さらなる便利な機能を提供していかないといけません。

セブンATMの強みは身近で25000台以上のネットワークです。
ここ1−2年が勝負となるでしょう。