IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

銀行株も、金利上昇はプラスに働くといわれています。

 銀行の収益源である貸付金の金利は、債券の長期金利が上昇すれば同じように上昇します(変動金利の場合)。そのため、金利収入が増え、業績が向上し、それが株価上昇にもつながっていきます。

 これまでは、超低金利が当面の間続くという前提で、より金利負担を減らそうと変動金利で借り入れるケースが多かったと思われます。特に住宅ローンはその傾向が強いと感じます。

 しかし、今後金利が上昇に転じたならば、変動金利の貸付金の金利もそれに連動して上昇することとなり、銀行にとっては利ザヤが増え、収益の拡大につながることになります。

 また、景気がよくなれば貸し出しも増え、それだけ金利収入が増えるため銀行株は景気敏感株と同じような動きをすることが多いのです。足元でも、銀行株の株価は上昇傾向にあります。