IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

武器保管庫から今回持ち出した展示物は、比較的多用出来るタイプになる。
この攻撃特性は、趣味で変態性を楽しむアマチュアと、「職業的な変態さん」の実力差に関する事柄になる。
この系統の攻撃テキストには敵と味方を識別して個別攻撃する作用はない。
ただし被害程度に個人差が出るので、通常攻撃で問題ないだろう。




私の好みは、混浴オカマ風呂。
広々とした浴場で全裸になるのが好き。
純露ユリ系魔法少女 時渡 世麗美だ。
現実世界では50歳の男性に化身している。


究極のかわいい。

さてと、男性にとってかわいいと感じる感覚は誰でも似たようなものだ。
私はおもちゃ屋で、業務上プリキュアやリカちゃんを発注する。
売れ残りを作らない発注をするには「かわいい」を研究しなければならない。
「かわいい」その深淵は闇に包まれた神秘だ。
男性の通常のかわいい感覚でリカちゃんを仕入れると、幼女があからさまに顔をしかめる変態ロリコン人形売り場になる。
衣料品が店舗でコーディネイトする雰囲気が必要なように、同じように市販品を取り扱っても、男性バイヤーのリカちゃん売り場は変態ロリコン人形だ。
かわいい?
一体何なんだ~~~~!
どうすりゃいいんだ~~~~~!
おもちゃ業界は大人が涙ぐましい努力を積み重ねて子供の気持ちを理解する仕事だ。
この場合、幼女の感覚での「かわいい」を理解しなければならない。
極めて変態的であり、背徳感にあふれている。
この激しい葛藤と、深刻な職業病を克服した達人の境地を一言で表現しよう。
プリキュアは大人なら誰でも「かわいい女の子」に見える。
深淵の闇を覗いた者にはプリキュアは「お姉さん」に見えるんだよ。
それが職業上の達人の業だ。
プリキュアというお姉さんに目をウルウルさせてあこがれる幼児の気持ちがわかる。

その2
男性たちはこちらにご案内。

実はネットに参加するとすごく個人的に疲れるんだよね。
昔、今ほど痴漢撃退が手馴れていないころに、なめられてたまるかと、酒に酔っぱらって親父度をアップさせた私に勘違いしたエロ親父がいて、
引きこもりのJCが、見え見えの親父のふりをしていると、確信しきって信じて疑わない。
「お嬢ちゃんどうしたの、おじさんに話してごらん」
「こうまで言っているのに、どうしてそんなにかたくななの」
「おじさんは君の力になりたいなあ」
いくら言ってもとどめを刺し損ねたので、最後までこれで親切にしていた。
ぎゃ~~~~!
男ってキライ!

さて、何がしたいかというと、おもちゃ屋というのは仕事で一人前になって大人として自信を持ってから結婚相手を探すと手遅れだ。
なぜなら、変態トークてんこ盛りで奇妙な人間関係しか作れないからだ。
したがって、よくある「どうすれば女性にもてるか」という単純な研究です。
-----------------------------
展示物からは有用な結論も導き出せるので、参照すると面白いんだよ。
おもちゃ業界というのは売り上げの半分が「女性向け下着売り場に男性社員が配属された気分」なんだよ。
職業病を克服したので、私は男性でも受発注関係の書類に無難である程度正確な数量を記載できる。
でも、女性が数字を記入した場合の貢献度はそれよりも数段功績が大きいんだよ。
例えば現状のリカちゃんだと、安定期だがLOLの貢献度が下がった分の補填要素を加味して全体数量を規定する必要がある。という形でサポートに回るといいけど、そこで上司のようにふるまって、認可権を握ると女性が稼げる受発注書類を作成できなくなってしまうんだよ。
こういう成り行きだと、「国内各業種の中で、おもちゃ業界は女性の社会進出の優等生を目指す」というおもちゃ組合での世の中に向けた発表が可能で、現在はタカラトミー政権だから、成果を世の中向けニューストピックスにする場合にはタカラトミー中心の話になる。
そして、投資家も好印象を持つ。
----------------------------------------
変態トークの追い打ち。
製造業に関する知識は女性を男性が圧倒するから、開発するタカラトミーにはベテランリカちゃん職人とでもいう、個人的に職業病に激しい葛藤を抱いた経歴がある「職業的な変態さん」は間違いなくいるんだ。

それとかかわって、ビジューリカちゃんというラインナップをご記憶だろうか。
女性スタッフと店内で話し合った時に、20歳くらいの女性の中でかわいい雰囲気の女性とでもいうコンセプトで、販売してみると女の子がお姫様系を選ぶと、見ていたお母さんがじじゅーリカちゃんに好感して、「母親からの子供へのおねだり」としてビジュー系ドレスを追加で購入するのがよく見られるいきさつ。こういう情報交換を持ち掛けてきて、「へえ、それではドレスの品ぞろえを充実させると客単価が上昇する傾向が出るのか、」と言ったら、いやいやビジュー系人形は服を着た時の体系が幼い感じの20歳なので、服を脱がすと大人でそこも魅力なのだと返してきた。
「へえ、脱がすと大人、、、、」くるくるパーになりそうで、こういうのが「女性向け下着売り場に配属された気分」んなだよ。
鉄のように固い職業意識で生真面目にこの手の話を女性スタッフとかわすけど、「脱がすと大人のリカちゃん」のどこが魅力なのかには踏み込めなくて、そこが限界で逃げ出したよ。
------------------------------
ご記憶だろうか、、、

私の好みは混浴オカマ風呂。
広々とした浴場で全裸でいることが好き!
ラララララー。
裸、裸、裸、裸、裸ーーーー

こういうポエムを創作する境地に到達するんだよ。
-----------------------------
さて、私の攻撃系テキストの制作過程がお分かりだろうか、武器庫保管品は今後この戦闘を経過してさらにパワーアップして適切なタイミングで制圧能力を発揮する。
------------------------------------------
私はリカちゃんからの被害を告発するつもりはない。
むしろ感謝している。
--------------------------------------
そういえば静岡組合は女性向けの商品化ノウハウが圧倒的に不足しているよね。
もう完全に中性的な人形は成功させる能力を持ち合わせていないという前提で仕事したほうがいいよ。
男性に戦士型男性の人形と女体盛人形を並列させて提供する。
女性に女性のリカちゃん型人形とイケメンなよなよ人形を並列させて提供する。
コトブキヤは女体盛専門なのでそうした企画意図を持つ必要がないけどね。
壽屋の場合は、監修に企画会議で女性の意見を大幅に導入必要があって、過去の男性による男性のための芸術作品に「スクール水着を着たチチデカ」がありますが女性から意見が聞きたい、できれば成人女性がスクール水着を着てそして脱ぐ気分を教えてほしい。
こうした形の会議で男性が女性を質問攻めすることになるんだよ。
相当ブラック企業だと、内部事情が推定される。