IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

私は今の山内家のために、故人の山内怨霊の怨念をいさめる生涯になりそうだと、もう自分の事をおあきらめているよ。
私でなければ供養のための格闘技をできないからだ。
山内家が繁栄すると、生涯にわたってそうなる。
個人的に資産を消滅させようと寡作するのは、私が生存を確保したいからだ。
それが迷惑だというほど、鬼畜の皆さんではないだろう。
時々は、そうした発言もあるけどもね。
私はそうした発言は笑って受け流すよ。
君たちも苦しければ、いくらでもこの便器銘柄で垂れ流してくれ。