IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

--------------------

別件について他方に証言した所感

「マジカ パーティー」で検索してくれ。
それに関してはあまり言わない、おもちゃ協会の関係者がすべてのメーカー、問屋、小売業が閲覧出来る会議室で、タカラトミーの部長さんと話し合った経過のまとめだよ。
したがって企画原案に沿って、だれでも応用的に商品化できる。
任天堂に関してはこれがいけなかったんだ。
ポケモン商品化の功労者は私。
DS 3DSの基幹コンセプトは私。
ゲームキューブとWII系は古川のクソガキが私のところまで出張して相談していた。
だからこそ、私は抹殺して全ての成果が予言者イワタの仕事でなければならない。
その社会的抹殺を象徴するのがポケモンのセレビィで、私は障碍者にまで転落したから、困窮した事態の打開で労災申請の余地について話し合いたいと、和解を意図した手紙に、発売まじかの3DSコンセプトの真価に関する助言を添えて送付した。
そして、山内 岩田体制は強烈な恫喝で返答したんだ。
そして和解の意図が無いという恫喝を了解したので、私も和解を放棄したんだよ。
それがこの乱闘騒ぎの現在だ。
任天堂の意図は最近のマジカパーティーについて、誰でも商品化できる事実でみなさんにも理解できるだろう。
ある日、中国人が私にDSは素晴らしいですねと話しかけた。
私が「ありがとう」そう答える。
しばらくして、任天堂現行機種のDSの互換機商品をその中国人が売り出す。
任天堂はその事態に、一切の文句がつけられないんだよ。
ライセンスが独占できなくなる。
だから、セレビィを殺したくてたまらないんだ。
しかし、その結果私は精神が実際に殺害されて障碍者になった。