IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

以下は私の身辺調査が行われた時期に釈明を兼ねて公開したテキストだよ。
京アニの大量殺人では、京都に捜査のためにオウム経験者の公安捜査員が100人動員されたそうだ。
私は命が狙われたら、そりゃ~嫌だから切羽詰まった工作を続けたんだよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

えっとね、世麗美の見せた予言能力では、世麗美が「つげだし」をした録音テープを聞くと、その言葉のほかに世麗美が示した映像を聞く者のイメージとして心中に再現できる効果があった。
これは、1995年に録音された。
この時点でね、貿易センタービルのフロアの一部がくすぶって煙を上げるビジョンが再生可能だった。
この現象が、21世紀初頭の政治情勢を決定するという言葉での注釈も添えてあった。
貿易センタービルはそれ以前からテロの対象で、何度か一部に損害が出た、単にいつも通りにその程度で完結する「セコイ嫌がらせ」でしかなかったというのが、あらかじめ予言として準備された内容だ。
この予言は内容を改変した集団がいる。
私はその集団の現役社長が使いっパシリをしていた時代に、彼に請われるままにいかなる打診をすると予言改変ができるのか、人格交代した状態で助言した。
私にとって人格が解体する一因だったので、いまだに自己の記憶として取り戻していない。
その集団が、自社に投資する資本家向けに特別なサービスとして働きかけた模様だ。
9.11はアメリカ政府は阻止するチャンスが数多くあったといわれている。
そうさね、事前に予言的な手法も交えて9.11発生に着眼していかに大きく稼ぐのか、リスクに投資した資本家集団が事前に組織されていた。
予言能力の本来は、観念に昇華して周囲の景色を見ると、その世界には現在過去未来の時間軸がその場に居合わせる刹那に同時に存在し、特に未来記憶に働きかけることによって創造した未来を忠実に現実世界に持ち帰り波及させる能力だ。
「ときわたりESP」という。
未来予知、前知の段階では、予言とは違い未来は改変できない。
原点の予言では、9.11は「せこいテロ」だがその後に人が未来予知を反映して予言改変を行った。
そして古くからの予言であった「塔の崩壊」を意図して実現し予言者といわれるカリスマ体制を敷いた。
ビンラディンは勇敢な挑戦者であろうが、彼を成功させた黒幕は京都ではなくてアメリカ国内にいて荒稼ぎしたんだよ。
事が宗教紛争となれば、もう歯止めは効かない。