IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

日本昔話風の文学作品だよ。

神社というのは、同じ神様の支店が方々にあって、その支店全てに神様が住んでいるのかと、実に不思議なことだろう。
あの支店は祭壇で、神様が交通に使う駅だ。
駅名の神様の占有ではない。
菅原さん宅で、高校受験を控えた子供が合格祈願をしたとしよう。
ふむふむ、と祈りで呼び出された神様は、
ザ、ラメーン神様。
ザ、ヤンキー神様。
豪華二本立て。
中坊は受験に失敗して自暴自棄に料理専門学校に入り、ヤンキーとして10代で女の子を妊娠させ、猛烈に働いて20代で行列ができるラーメン屋の店主。
中坊の祈りで、神様が聞き届けたのは「女の子にもてたいから合格したい」「金持ちになりたいから合格したい」この本心に反応して、最も手っ取り早い対応をしたんだ。
神様の視点では、願いを聞き届けて親切にしてあげた。
よかった、よかった。