IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

追憶「ローマの白い羽」物語第一章。

常に話しかける声は、なにを語っているのだろう。
常に見える景色は、どこの景色なのだろう。
瞑目とした夢の中で、惨劇が精霊を揺さぶる。
実在する男子プリキュア。
キュアアイリスだ。

キリストなる聖霊のことは誰も知らない。
人の心にキリストが宿ると、その人は猛烈な殺人衝動に狂う。
キリストの確信が深まるほどに衝動は強まる。
そして心に宿ったキリストなる聖霊は、キリストと名指しされ、それを受け入れるとなすすべもなく即死するんだ。
抵抗すると悪魔に堕落してしまう。
聖霊が無垢なる赤子のままでいるためには死ぬしかないんだ。
だから、キリストなる聖霊は2000年間ヨーロッパを支え続けてきたのに、その姿を誰も知らない。
「ローマの白い羽」は聖霊の宿りを祝福して問う。
キリストか否かと。
「我々は、信じるためには疑う必要があるので、全てに対して疑いを持つのですよ。」
問いかけに、キリストであると認めると歓喜して殺す。
認めないと、憎悪して殺す。
旧神の産み落とした神の赤子「キリストなる聖霊」はこうして、実験室の試験官ベイビーのような仮定の存在で、赤子の肉を殺して喰らうと、その者は神そのもの力を手に入れる。
人が神になるのだ。
したがって「ローマの白い羽」が狩った赤子は支配者に供物としてささげられる。
そして聖霊の宿りを受けたものは、魂が奪われ、生き様が屍そのものになるのだ。