ここから本文です

株って、不透明要因が一番、参加者である投資家に嫌気される訳だけど、事実が明るみとなる過程で、噂は打ち消され、やがて悪材料も出尽くしに向かっていくもの。いわゆる織り込み済みがあるのが相場の世界。
スルガに関して言えば、ここからのショートポジションは危険だから、お勧めしない。仮に、週明け月曜に騰がってしまったら、完全に底を打ったに等しいと捉えられる。更に、沈黙を貫いているスルガサイドからアナウンスがあれば、不透明感が払拭されてしまうからね。先刻、ブラックロックジャパンがここを投資対象としたことも侮れないだろうし。チャート的には上に埋めなくてはいけない窓が、日足ベースで8個はある。

  • >>7

    最近の投稿の中に、スルガの現株価PBR1倍などを根拠に、今後訴訟沙汰になっても大した傷を受けない、もう相当織り込んでいるかも知れないなどとフェイク的な論調がある。
    しかしスルガの銀行業としての社会的責任の糾弾はこれからで筆頭は預金者からだろう。静岡、神奈川地区の銀行は今でも過多、簡単に口座開設できる。金融庁の処分や裁判結果がどうなろうと虎の子を預ける生活者は、少しの不安も徹底的に嫌う。ましてや預金保険機構の1000万円補償も仮に名寄せなどで一定期間拘束の不安あるとすればなおさらだ。明日から小生の友人のように不信から取崩し、口座解約に走る可能性無しとはいえない。
    日本では銀行業への信頼が厚い。挙って投資より預金を選考している。今回のスルガはその根幹に大きなひびを入れた。1地方銀行の罪では留まらずその社会的影響度は計り知れない。あらゆる方面の世間からの断罪はこれからだ。