ここから本文です

>>719


>岡野株目処着けるのは9月
>

それはわからないですよ。
官公庁は処分に従わない場合 厳しい措置をとることが、多いのですが、それは言い渡されてから だいたい1年を経過してからのケースが多いです(是正期間が設定されていない場合のはなし)

ここの場合、創業者一族が株を安く手放せば、スルガ銀行宛の債務返済が厳しくなり、スルガ銀行の財政面を毀損する可能性があります。
だから、1年以上経過しても何らの措置をとらないことも考えられます。

9月末までに、創業者一族が保有株式をリリースするのが、K庁にとっても望ましいということは言えますが 「絶対に」ということでもありません

ただし、いつまでたっても「停止されている融資」の再開がないのは、やはり創業者一族と決別できていないからと推測できます