ここから本文です

スルガ銀行に憤りを覚えている人とどうも話がかみ合わないことに違和感を覚えていたのですが、原因が分かりました。
NHKなどでオーナー側が銀行に責任転嫁する主張が一方的に垂れ流されていたようです。もう1年経ったのですがようやく気付きました。

悪質な報道によって誤解している人が多々居ますので再度投稿します。

現金一括払いを行うために必要な現金を用意するのが不動産売買における銀行の役割です。
お金を借りたいという希望者に対して、いい加減な審査をして貸しまくっただけ。
だから大赤字になったわけで、金融庁からも指導が入りました。犯罪行為はしていません。

不動産投資は不動産会社とオーナー間の契約です。銀行は売買に必要な融資を行っただけで、お金の使い道に対して保証することはありません。
これはどの銀行でも同様だと思いますし、他社の企業運営に関して責任なんて取れません。
融資はオーナーと銀行の間の契約で、不動産会社はこの契約の対象ではありません。当然、融資の審査はオーナーを対象に行います。

不動産売買は多額の現金が必要になるため、実質的に銀行の融資が必須です。
これが一体化して見られる原因となってはいますが、それぞれ別の仕事、役割、契約となっています。