ここから本文です

今夕+先週のテレ東が報じた通り、婚活女性の前に現れた詐欺と行員が同席し、行員が詐欺師を信頼できる人と持ち上げ、女性の年収や使途を偽ったローン申請書にサインをさせるって、詐欺の共犯で反社だよね~国際的に金融庁の反社対応が迫られ、各機関に色んなプレッシャーが来る中、こんな反社銀行を庇う理由が見当たりまへん。おまけに、犯罪組織に出資、資金供給をしてはならぬとする、スチュワードシップコード、SDE、ESGといった金融庁が旗振る実質的な規則に逸脱して純投資なる名目でココの株を買うことが許されないのに、純投資とかいうお花畑な名目で最近大量保有報告を金融庁に提出した、野村やブラックロックは、保有を続ければ、GPIFをはじめとする年金系から、イロイロと問い詰められる恐怖に震えてる気がするので↓と思うんです・・