ここから本文です

そもそも、高杉晋作だったのです。
ではなぜ無茶な高値目標などを見せて暫く高値を維持したか、
ここから先は、また今度。考えてみてください。