ここから本文です

冷静に考えて、これから先、金融機関がすべて生き残ることは考えにくい状況である。特化した銀行を除いて、三菱UFJ,ここ、ミズホ、郵貯くらいしか残らないだろう。その中でもミズホが一番問題が大きい。それを悟った幹部が早いうちに処理を済ませておこうと考えたのだろう。ある意味、あの決算は積極的なものでマイナスになるものではないと考える。
さて、ここはどうか? UFJと違って、ちょっとまだ先々を楽観的に考えているふしがある。はてさて、ミズホを見て、どんな策を練っていることやら・・・。