IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
1255

seg***** 強く買いたい 4月2日 00:45

◇米国株、ダウ反発で始まる ハイテク株に買い

04/0123:05
【NQNニューヨーク】1日の米株式市場でダウ工業株30種平均は3日ぶりに反発して始まった。午前9時40分現在は前日比59ドル68セント高の3万3041ドル23セントで推移している。バイデン米大統領が前日に2兆ドル規模のインフラ投資計画を発表した。材料出尽くしの売りで資本財株な景気敏感株の一角が下げた半面、相対的に出遅れていたハイテク株に買いが入っている。米長期金利の低下も買いを後押ししている。

1日の米債券市場で長期金利の指標である米10年物国債利回りは1.7%を下回った。金利低下を受け、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトなど高PER(株価収益率)のハイテク株が買われている。バイデン氏のインフラ投資計画に半導体産業への補助金が含まれたのを好感し、インテルなど半導体株も高い。

一方、生産委託先のミスで新型コロナウイルスワクチンの供給遅れが報じられた医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が安い。米景気の回復期待から上昇が続いてきた建機のキャタピラーなど資本財株に利益確定売りが出ている。長期金利低下を受け、ゴールドマン・サックスなど金融株の一角も安い。

機関投資家の多くが運用の参照にするS&P500種株価指数は続伸し、初めて4000の大台に乗せる場面があった。