ここから本文です

>(日経QUICKニュース)短い期間で売り買いを繰り返すヘッジファンドや日本などの外為証拠金(FX)投資家がドルを買うと、利息相当の「スワップポイント」を日々受け取れる。スワップポイントは翌日物金利の影響を受ける。FRBの施策対応によるレポ翌日物の安定は、利息狙いでドルを買う動きを抑える効果があるわけだ。

>英議会の承認を要するブレグジットの行方はなおも不透明で、円の対ポンド相場は安値からだいぶ持ち直した。半面、日米の金利差は依然として大きく、円が対ドルでつれ高する気配はない。市場では「結局はレンジ相場か」との冷めた空気が広がっている。

 私らのような高齢零細投資家にとって、難しいことは分かりまへんけど、「レンジ相場」で十分ですな。 「レンジ相場」なら、安心して、配当、スワップをとれます。

 しがない年金暮らしですけど、年末ボーナス(配当)だけが楽しみですな。