ここから本文です

ヘイトスピーチ規制は、更なる朝鮮同和暴力団へのヘイトスピーチ拡散拡大へ繋がるだろう。
余計な法律を国も川崎市もつくったものだ。法律で禁じても罰則を設けてもヘイトは止まるものではない。
そもそもヘイトを知らなかった者までヘイトを認識するようになる。
同和行政の朝鮮人版の存在を国民が認識するだけのことである。
どうしてこんなことになったのかというと、同和と朝鮮人は同じ人種だからである。
連中は日本人ではないのである。
正義と真実のヘイトスピーチは止まることはない。