ここから本文です

南朝鮮への制裁を日本政府がためらっているのは困ったことだ。
日本資産の差し押さえは明らかに日本に対する攻撃なのだ。
早急な対抗制裁を実施しない日本政府のせいで、これからも南朝鮮による攻撃は続くだろう。
中共による日本人拘束についても同じことが言える。日本政府が対抗処置をすぐとらないから、朝鮮中共は日本人と日本企業にとって危険なままなのである。