ここから本文です

戦争発言をした国会議員を、たとえ譴責処分としてでも国会が処分するのはおかしい。丸山議員を処分するかしないかは泉南の有権者が次の選挙で決めるだけである。
亡国マスゴミ、売国野党そして維新の党は、朝鮮同和の党であるから言論の自由を守ることが出来ないだけなのだが、ついでに自民党の森山も朝鮮奴隷の血が騒ぐのか、譴責処分でマスゴミの歓心を得ようとしている。島津軍が連行してきた朝鮮奴隷の子孫に日本人の言論の自由の尊さが理解できるわけもない。
朝鮮同和系の国会議員と亡国マスゴミ主導の言葉狩りには呆れるばかりである。