ここから本文です

かつて「バズーカ砲」とまで言われた日銀の「サプライズ」政策も、
いまやひっそりと影をひそめた。

これは、サプライズ政策が、短期的には効果があっても、
長期的には、「ゆがみ」をもたらすと判断したからだろうか。

それとも、昨今の金融状況では、サプライズ政策を打ち出す余地が
ないからだろうか。