ここから本文です

物価上昇率2%は、目的ではなく手段ではないか。

目的は、デフレスパイラル(不景気→賃下げ→消費減少→企業業績悪化→さらなる賃下げや経費削減→物価低迷→不景気の深化・長期化)からの脱却のはずだ。

すでに、物価・賃金の下落基調は止まった。
物価に大きな影響を与える原油価格はピークからは3分の1くらいまで下がり、その他の一次産品価格も下落基調にある。
為替も、円高傾向にあり、物価が2%上がらなくても、やむをえない。

だから、弊害が巨大なマイナス金利は継続すべきではない。