ここから本文です

日銀が、「マイナス金利」により、日本国内への、投資・融資を強制的に採算割れにしているので、おカネは急速に海外に流出を始めている。
(為替ヘッジをかけるので、円安にはならず、むしろ内外金利差を縮小させて、円高要因になりつつあるようだ。)

足元をみすかされたのか、海外投資コストは急速に高くなり、その分日本の利益が海外に流出しているが、
それでも、日銀が作り出す「マイナス地獄」よりは良いのだろう。

これでは、国内に損失を与え、海外に利益を与え続けるために、金融政策を行っていることになる。