ここから本文です

本日の日本株と米国株先物を観察するに、トランプはイラン空爆まで作戦範囲を拡げないと思われる。
ただし、兵法地帯であるイラク・シリア・イエメン・レバノンでの報復攻撃はあるだろう。ひょっとすると、イスラエルに代理でイランを空爆させるかもしれないが、米国景気のために米国によるイラン空爆は無いようだ。
米国株は最高値をとりに行くだろう。そして日経225は最高値をとりに行くのだろう。売り方はヘッジ買いが必要だ。