IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

子会社Fテレの、取引先破綻による未回収のカラクリ

破綻により取引先が獲得した契約も消える→短期解約扱い→「新規開通手数料の払戻」を売上計上し、破綻した取引先に請求→当然回収不能なので貸倒として特損に

短期解約の違約金戻入は、販売店が解約と契約を繰り返すことでインセンティブを何度も貰うことを防止するもので、破綻によって請求するものではないの。
この実態が存在しない戻入金を「売上」に計上すると、売上・営業利益・経常利益までがそのまま水増しされ、貸倒処理で税引き前純利益で差し引きゼロになるカラクリなの。この額が1,981百万。
Fテレが前年比で売上自体は2933上がっていて、この大半がこれということなの。
この「損失」自体は実体を伴っていないので繰延税金資産にカウント、これが724百万。これは法人税等調整額がマイナスの形で純利益に加算してるの。
実際は売上自体も怪しいからカウント微妙だけどw

これを
「今回の損失額の大部分を占める未収入金は過去に支払った「新規開通手数料」を約定により求償するものであり、短期的に事業資金として見込んでいたものではありません。」と書いて「数字上のマイナスだから実質大丈夫だよ」と印象操作。実際は売上と利益自体を水増ししてるのにw

ここまでがFテレ。
100%子会社で無い分は、「非支配株主に帰属する当期純利益」で関わるので、純利益まではフォーバルにも上記が全額加算されるの。

これを加味して売上と経常から1,981百万引くと(繰延税金資産分は見逃してあげるw)、売上47,750(前期比83%)、経常1,343(40.6%)、純利益は1067のままで51.7%となるの。

個別も経常が前年割れ(純利益は子会社売却分でプラス)であることからも分かるように、本業の事業が右肩下がりなの。
それをちょうどあった取引先破綻&未回収を逆用して、決算書だけ綺麗に見せる技を使っただけなのw
そりゃ株価は下がるのw

ただ、わざと分かりにくくしてるけど、違法な書き方ではギリギリ無いはず。
またPCデポやオリンパスと違って、PLをお化粧するだけでBSに手をつけて無いから、将来にわたっての辻褄合わせは不要。
このあたりは結構うまいと評価できるかしらw