ここから本文です

>>243

確かにその通りですね。

仮に今の株価ですべて自社株買いできれば、会社にとっては非課税の3.7%永久債を買うのと同じことになります。

100億円÷1216円=822.3万株(取得)
822.3万株×45円=3.7億円で

毎年3.7億円の配当を内部留保に回すことができるので、(気の長い話ですが)27年で今回の100億円を回収することができます。

買った自社株は株式交換で他社を買収し事業拡大できれば最高ですが、現実的には消却されるであろうと推察されます。

  • >>251

    補足的コメント、ありがとう

    実は、それも付け加えたかったけど
    いかんせん、どうしても字数制限あったのと
    わざわざ、コメント分割するのも何だと思って言えんだった‥

    更に言うと、単純計算の配当節約に加え
    私はそれに関わる諸々の経費の節約になり
    恐らく、単純計算の配当節約以上の効果はあると感じる
    (これだけの規模の自社株回収を行えば
     多分‥相対的に零細株主数も自ずと減り
     それに対応する経費も減ると思われる‥)

    それに、仮にそれが3億円にせよ4億円にせよ
    この規模の会社にとってそれだけの経費節約は
    地味ではあるものの、相応の収益へのプラス効果あると思う

    あと、確かに、株式交換による買収も面白いと私も考えるけど‥
    ただ、ここ最近はありえん位に株価が低迷していて
    株式交換しようにも相手側に足元見られるので
    私がここの経営陣だったら‥無理にそうすることはせず
    やっぱ、償却かとりあえず保留かにすると思う

    一応‥仮に償却するとした場合
    私が経営陣だったら‥取得した株価での償却ではなく
    保有株の簿価での償却をして
    そうすると‥例のゾゾとは対極的に
    それだけで純資産押上げ効果がでるので
    経営的にも、それはとてもおいしいと思える
    (正直、企業財務にそこまで詳しい訳ではないけど‥
     簿記2級程度の知力で考えるに
     きっと、その方が財務的に合理的だとも思うが‥)

    ‥と、まあ、問題は
    ここの経営陣にそこまで考える力があるかどうかではあるけど‥
    (いくら、これ程までに安値放置してきたとはいえ
     さすがに、その程度は理解できるとは一応信じちゃいるけど‥)

    いずれにせよ、結論的には
    今回の自社株買い、私は色んな意味で
    待てば待つほど、じわじわプラス効果出てくると思うので
    あとはもう寝て待っていればいい状態だと思う‥