ここから本文です

丸井だけのせいではありません。

東京外為市場ニュース
2019年8月21日 / 16:13 / 29分前更新
7月のスーパー販売額は前年比7.1%減=日本チェーンストア協会
Reuters Staff
[東京 21日 ロイター] - 日本チェーンストア協会が21日発表した7月の全国スーパーマーケット総販売額(56社、1万0504店)は、店舗調整後で前年比7.1%減の1兆0073億円となった。 7月は、悪天候にたたられ、食料品、衣料品、住関品とも、季節商品が苦戦した。とりわけ衣料品の売り上げが前年比16.2%減と落ち込んだほか、主力の食料品も5.3%減とふるわなかった。