ここから本文です

初心者の質問で大変恐縮なのですが、自社株買いをすると自己資本が、減ってしまう事が会社のデメリットですよね。
そのデメリットを背負って、株価を上げる為に自社株買いをするメリットは会社視点でどこにあるのでしょう。
最近株見初めて全然わかりません、、

  • >>372

    同じく、初心者の私からの回答で失礼しますm(_ _)m

    以下のとおりです。
    https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/si/J0020.html
    より。

    【自社株買いとは】
    企業が発行した株式を、その企業が買い戻すことをいいます。自社株買いには、株式市場での買付や、東証が提供する取引時間外の取引制度(ToSTNeT)を活用する方法があります。企業は、買い戻した後に消却することで発行済み株式数を減らすことができます。その結果、1株当たりの利益や資産価値を向上させることになり、経営指標を良くすることができるのです。

    投資家にとっては発行済み株式数が減ることで、1株当たりの配当金の増加などが期待できます。

    👍ワンポイント
    基本的に自社株買いは、既存の株主にとってはポジティブに取られることが多いですが、企業によっては買い戻した後に消却を行わず、「金庫株」として保管する場合もあります。

    ネットで検索できます。😊

    海外投資家などからは、好感度が🔼する場合が多いようです。

    そもそも、ダダ下がりの企業に、投資したい人がいるでしょうか?自分の会社の未来に投資できない会社なんて、本当にヤバイと思います。未来に増えれば、いいのでは?

    投資家に見捨てられたら、資本が減り、新たな事業に打ってでる資金がなくなるのではないかと。

    私も、ど素人なので、どなたかお詳しい方がいらっしゃればフォローください。。🤗