IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

業績好転が見られない限り、ここが上がるための材料は買い残の減少だと思います。高値期日まで約3か月。ここからの値動き、買い残の変化に注目。