IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

9/23
277+53高値300
終値ベースで270突破だゼヨ

2020年09月09日10時46分
理経が急伸、防災訓練用VRがエピック・ゲームズ社の開発資金提供プログラムに採択
 理経<8226>が急伸している。この日、同社が開発した防災訓練用VR「Disaster Training VR Project」が、米エピック・ゲームズ社(ノースカロライナ州)の開発資金提供プログラム「Epic MegaGrants」に採択され、受賞したと発表しており、これが好感されている。

 エピック・ゲームズ社は、創造性のある革新的なコンテンツ制作に取り組む才能あるチームや個人の活動を世界的に促進させるために、総額1億ドルの開発支援プログラム「Epic MegaGrants」を展開。今回、理経の「Disaster Training」が、同プログラムに採択され、資金面を含めたサポートを受けることになったという。なお、理経では、エピック・ゲームズ社の支援を受けて、今後更に付加価値の高いコンテンツを開発するとしている。

9/25
290+30高値313
終値ベースで290突破だゼヨ

  • >>589

    9/28
    309+19高値352
    終値ベースで300突破だゼヨ
    理経は一時20%超の急騰、官公庁DX関連の一角で6年2カ月ぶり高値

     理経<8226>が続急騰で連日の年初来高値更新、一時21%高と値を飛ばし352円まで駆け上がる場面があった。時価は急騰相場を演じた14年7月以来約6年2カ月ぶりの高値圏に浮上している。同社は情報機器の輸入商社であるとともに、システムインテグレーターでもあり、システム開発やネットワークソリューションも手掛け、ハード、ソフト両面を事業テリトリーとしている。官庁向けで高い実績を持っていることから、菅首相が打ち出した行政のデジタル化推進では、同社の商機が高まるとの見方がある。時価総額50億円前後と小型株にも関わらず、出来高流動性に富んでおり150万株程度まで積み上がった信用買い残もほとんど気にならない。業績面は厳しいものの、前20年3月期が底とみられており、300円近辺の値ごろ感から追随買いを誘っている。