ここから本文です

>>1932

ここの会社があかん理由は前に書いたとおりや。
で、この度の親子漫談見て、久美子は今度こそ変わった、ええ経営者になった言うとるおバカちゃん達の根拠は久美子の目ぇがキラキラしとるからじゃと笑 さすがじゃ、親子漫談見に来とるオーディエンスは視点が一味違うのぉ

>これまでの経緯、よう考えてみいよ。
>
>実のお父ちゃんと泥沼の喧嘩やらかして、役員懐柔すんのにも随分無理したやろ。
>
>社長就任後早々、株式分割したり、無理な配当つけたりして、まあ一時は一般株主もええ目見たやろ。
>
>じゃが、そのツケはきっちり払わんとならん羽目にはなるは、路線変更しくじって連続赤字決算、100億あったキャッシュも今や10億もないそうやの。
>
>そんで啖呵切って社長に収まったわりに、金に困ったらあっちこっちに秋波を送り始めよった。
>
>ヨドバシ、ヤマダ、TKPには図々しくも追加融資頼んで断られたら、今度はチャイナ企業やと。
>
>チャイナで家具売ることをぶち上げたが、このオバハンの描いた絵なんぞアテになるかい。
>
>カッコええことばっかし言うて、中身が詰まっとらん印象しか受けんのや。
>
>それにこのオバハンは、周りの意見、助言に耳貸さん性格のようやな。
>
>典型的な裸の女王様やないかい。見とうもないがの、そんなもん。
>
>ほんで、あんだけお父ちゃんと喧嘩して客、会社や株主、従業員も巻き込んでコッタコタにした挙句、喧嘩相手のお父ちゃんと今度は仲直りやと?
>
>ガバナンスどころの話しであらへん、完璧に会社私物化しとるやないか、ええ加減にせいよ。
>
>こんなもん、誰が信用でけるかい!