ここから本文です

 経営再建中の大塚家具は11日、資本提携した「ハイラインズ」の陳海波社長(45)を社外取締役に迎えると発表した。大塚久美子社長(51)は続投する。3月31日の株主総会で人事案を諮る。

 大塚家具は販売不振で、2018年12月期決算の最終利益が3期連続の赤字となった。久美子氏は創業者で父親の大塚勝久氏(75)と対立して経営悪化を招いたとされ、去就が注目されていた。

 新体制では、久美子氏と義弟の佐野春生氏が留任し、他の取締役5人は退任する。陳氏のほかに、新たにトヨタ自動車出身の田中満雄氏と、住友商事元副社長の佐々木新一氏も社外取締役に迎える。ってさ🌟🤗