IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>909

果てして本当に勝久会長は「支援する」と言ったのかなぁ?

親父さんの「支援」云々の第一報が出たのは、8月5日夕方の共同通信だったかな?

このニュースについて非常に違和感があったのを記憶しています・・・

確かに第一報は「勝久会長が支援」との事だったので個人的に本当にそんな事するのか?と強く感じたので良く覚えています。

しかしどうやらその後、共同通信の記事の内容が変更されているようです。
翌日に気づいた時は既に「支援」の文言が消え、「相談にのる」に変わっていました。もしかしたら当日中に変わっていたかも知れないです。

そこで思うのは、勝久会長は当初から「向こうから言って来れば相談にのる」と一貫していたのではないでしょうか?
しかし、記事にする以上もっとセンセーショナルに目を引きたい為に
「相談にのる」→「支援の意思あり」
と都合よく解釈したのではないかと考えられます。
しかし、勝久会長からクレームが入り慌てて内容を訂正したのではないでしょうか?

拡大解釈すれば同じことを言っているようにも思えますが、やはり「支援」と「相談にのる」ではかなり隔たりがあります。

一度世に出た言葉はもう消せないので、結局は会長が、支援すると言ったり、しないと言ったりしてる事になってしまっているように感じます。

勝久会長は始めから「相談にのる」としか言っていないように思えるのですが……