ここから本文です

~誰でもわかる相続ガイド~より
同族会社の相続税対策には様々な方法があります。
一般的な方法を列挙しておきます。
•相続人は前もって相続税用の現金確保につとめる
•会社の評価を下げて会社の株の価値を下げる
•株を他の親族に少しずつ移転しておく

相続税は基本的に現金で支払わらなければいけませんので、相続税の納税予定者は日ごろから現金の確保につとめましょう。
そして会社の評価を下げれば株の価値も下がりますから、相続税の負担を減らすことができます。
会社の評価を下げる方法は、会社の利益を減らしておくことです。
たとえば退職金という形で同族の方に会社の資産を移転すれば、会社の利益を減らすことができます。
退職金をもらった方については個人資産となりますので、個人資産の相続となりますから相続税の支払いが容易になります。
株を他の親族に移転しておくことで、自分の株の持ち分を減らせば相続税を減らすことができます。
株の移転には、贈与の非課税枠などを利用するとよいでしょう。
株の移転する際には、株主名簿をきちんと整備しておきましょう。