IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

伊藤忠は中国で商売したがっていますので、これまでの韓国一辺倒よりはるかにましな経営ができると信じています。アカンかったら、会社ごと、どこかへ売ったらええねん。