ここから本文です

構造タンパク質素材、機能向上進む 東京で「素材産業革命」報告会

山形新聞社より

興味深い内容が書かれています。

改ムーンパーカの写真も掲載されています。

吸水時に、糸や生地が縮むなどの課題に対して、耐水性を備えた構造タンパク質を開発し、大幅なコスト減も図られたとの発表があったようです。
また、車のドア部品では、カーボン素材を層状に組み合わせ軽量化と強度の向上を図ったとのことで、20年代に実用化させたいと手応えを語ったと記事にあります。
今年の4月には、参加機関、企業で組織される構造タンパク質素材産業推進のコンソーシアムを立ち上げを計画しているとのことです。

組織力を高め、知的財産の共有や集積、新素材の標準化と規格化が図られるとのことです。