ここから本文です

子の節税の売買の中、どれだけ純粋に投資しようとしている人が、買っているかですよね。
それが、爆弾化してしまうんでしょうけど。

大都も上海の会社がほしいだけだったのかもしれませんね。
キムラタンも気づくのが遅かったのかもしれませんが。

でも、国内も今のラインナップでは厳しいかと思います。
ブランドも9個ぐらいあるけど、結局デザイン的には4個ぐらいにまとめてしまえば、いいんじゃないかなと思えるほど、被っていませんか?
その分、品切れがないようにした方がいいとおもいますが。

ボブソン、大都もダメかな?
もう少し会社がスリムだったら、どこか買収もあったかもしれないけど。