ここから本文です

5/16に強制捜査を受け、7/24に第三者委員会調査報告書を受領、7/25に旧経営陣が逮捕されている。

1Qの前半は何事も無かったので、銀行は知る由もなし、その後も逮捕されるまでは言い訳もできたかもしれない。

2Q以降に色々な事が起こってくるんじゃないかと思う。

上場企業だからと言って、銀行はそんなに甘くないと思うぞ。

適切に対処しておかないと、大穴開けられたときに、銀行自身が赤字に転落で、銀行の経営陣に責任が及び、最悪訴訟されるリスクを負うかもしれない。
最低でも、発覚してからは最低限しか貸してませんし、回収に注力しましたと言うエクスキューズはするでしょう。
ただでさえ、地銀の存在自体が危ぶまれているのだから。

いずれにしろ、「粉飾してました、てへぺろ、これから心入れ替えるので、これまで通り宜しく。」で通るようじゃ企業会計のモラルなんかあったもんじゃない。
ましてや、一部上場企業なんだから。
それなりの社会的制裁が加えられると考えるのが普通ではないかな。