ここから本文です

第三者委員会 『 調査報告書 』 ( 7月24日 ) における " タケイチ案件 ( P. 13、P. 114 ~ ) " は、 大略 3部構成になっている。


第一部 : タケイチの概要とナイスグループとの関係 ( P. 114 ~ P. 121 )
第二部 : タケイチと平田一族間の 一族所有物件取引 ( P. 122 ~ P. 126 )
第三部 : タケイチとナイスグループ間の取引 ( P. 13、P. 127 ~ P. 143 )


第三部 につき、 第三者委員会は 「 タケイチ が、 すてきナイスグループ の 子会社・関係会社・関連当事者 ではなく、 取引額・利益額 を 内部取引・内部利益 として 控除する必要は無い 」 旨、 述べている ( すなわち、 " 粉飾 " ではない、 ということ )。


一方、 第二部 につき 「 創業家の専横・会社の私物化・取り巻きの忖度 」 が 述べられており、 内容は " クズ " 。

・ 平成21年 5月
戸村氏が、 " 周次氏 の 15億円の負債 " の件を 恒一郎氏へ相談

・ 平成21年 9月
恒一郎氏が、 「 ナイスコミュニティー から タケイチへ 購入資金を貸付けることで、 周次氏の不動産を売却する 」 方針 決定

・ 平成21年 11月10日
「 売却は、 来年の株主総会後にしたい 」 旨、 恒一郎氏 発言

・ 平成22年 9月15日
ナイスコミュニティー は、 タケイチへ 15億5,000万円 貸付 承認
( タケイチ の " 返済額・金利条件 " 等 を優遇 )

・ 平成24年 10月1日
ナイスコミュニティー は、 タケイチへ ( 恒一郎氏の 自宅・土地 購入資金として ) 1億5,000万円 貸付 承認

・ 平成24年 10月3日
すてきナイス は、 上記 土地・建物 を 「 " 研修施設 " として、 タケイチより 賃借する 」 旨、 決裁

・ 平成24年 10月23日
すてきナイス は、 同 建物の 修理・改修費用として、 4,350万円 計上
( 同 建物には、 恒一郎氏の蔵書が 残置され、2階の一部を占有しているが、 本人は 現在 " 別荘 " に行っており、 利用できない状態 )