ここから本文です

短期借入金(1年以内に返済予定)と1年以内償還予定の社債の合計が約400億円、販売用不動産が467億円、今回のことで社債の発行はもう不可能だろうし、借入も今まで通りにはいかないだろうし、販売用不動産の現金化が急がれるんじゃないかな。

でもって、販管費で324億円が毎年必要だから、販売用不動産もある程度利益を出して売っていかなきゃならないのは当たり前で、投資有価証券が約100億円分あるから、取引先との持ち合いもあるが売らざるを得ないかな。

リストラもせざるを得ないだろうが、それにもお金がかかるし、優秀な人間ほど先に辞めるのが世の常だし、今後は銀行のスタンス次第だな。

当然、配当なんてもってのほかで、固定資産も売って行かなきゃならないんじゃないかな。