ここから本文です

信頼して!!!!!!

 何故株価が下がっているのか?正直理解できないでいますが、私見を述べると,空売りが入っているのは間違いないと思います。
 良い材料(今回の脊髄損傷治療)が出て、しかも薬価まで決まったのですが、年間100人程度の治療では、直接収益に貢献しないと考えて売り仕掛けたのでしょう。東証で個人の力はそれほど強くはないので、機関投資家他が注目しないと、株価が良い方向に向かわないのも事実です。
 実際に薬価1500万で100人では15億程度の売り上げにしかならないからです。
 毎年我国でも5000人の新たに脊髄損傷が、交通事故やスポーツ中あるいわ、作業中に起こっているようです。過去からの患者を考えれば、大変な人数になるはずです。
 確かに間葉系幹細胞を培養する技術が進歩すれば、画期的に患者に貢献出来、ニプロの売り上げにも貢献できるようになります。さらに札幌での人材雇用にもつながります。だからこそ、ニプロが札幌にビルを建てて、総合的に治療を行う施設を準備しました。
 IPS細胞も培養に当初苦労していましたが、多くの企業が技術を上げていますから、今後の技術の進歩は行われていく可能性が高いと考えます。
 しかも同社は人工腎臓すなわち透析では世界一の技術と透析機械実績を誇ります。人の生活が豊かになって、ぜいたくな暮らしから、肝臓の機能が悪くなるようです。
 ディスポーザブル医療機器でもテルモと並び、評価されています。
 世界中に脊髄損傷や脳梗塞他で寝たきりの人の数は、計り知れません。
 夢が現実に近ずいています!!!!!!
 しかも患者から幹細胞を取るため、副作用も見られませんから、ますます期待できる治療法です。
 PERでも割負けしていますので、今の水準は安いことに、異論はないと思います。