ここから本文です

投資と投機を間違ってはいけない

 オンコリス・サンバイオ・窪田は夢を買っているだけで、実現に向けてニプロやアンジェスの状況とは大きく乖離していると考えます。
 両社とも薬価が決まれば、おのずと株価の居場所が上に変わると、考えるのが普通ではないでしょうか???連休前に株を枕にでも、間違っていないように思います。
 今回のステラミック注射は事故から31日以内でなければ、治療できないそうですが、今後培養のやり方が進展すれば、もっと多くの方が利用できるはずで、しかも患者本人の間葉系幹細胞を使うため、副作用も殆ど見られないと、報告されています。ニプロの製品は今や、世界中で使用されていますから、この治療法は多くの患者が待ち望み、しかも脳腫瘍・脳卒中・認知症への広がりも期待されているようです。今年最も期待できる事象であり、株価も大化けする可能性が高いと考えるのが、まさに常識ではないでしょうか? 
 まさに国益にもなり、大きな産業に育つ可能性も秘めています。
 ニプロは業績的な不安も乏しく、安心して投資できる株式であると考えます。