IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ホームページの決算短信を見た。
赤字決算の原因は、古川社長が主導した南アフリカのクロム鉱石事業。
500億円突っ込んで300憶円の損失。
これでは赤字決算になって当然と言える。
元々良くても200憶円前後の利益の会社だから。

それなのに老齢社長は恥ずかしげもなく続投とは何たることだ。

今年の配当は未定とあるが、今年の環境は昨年度より大幅に悪い。
特に鉄鋼は今や世界の不況業種。

南アフリカのクロム事業でもまだまだ損が出るのではと考えてしまう。
阪和の社員はよく働く仕事熱心な人が多いと聞いている。
株主としては配当もほしいし株価も上げてほしいので応援したい。

ただし前提になるのはイメージチャンジした新体制だ。
普通の会社がやっている世代交代を何故やらないのか理解不能だ。