IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>専修大学教授の田中隆之氏が「総合商社」

この本の目新しい指摘は
1.コングロマリットディスカウントという概念。個々の事業会社よりまとめて事業を行うと企業価値が低く見られるという指摘
2.商社という複合事業投資運営会社という新しい業態が、国際的(金融市場)で徐々に認知をされてきている。
という2点。
しかし、どちらの視点も「それで何?」と突っ込まれるレベル。じゃあどうすれば良いの?