IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>980

兵頭社長の「謙虚とバランス」よくわかります。
兵頭社長が謙虚とバランスのみ考えて社員人生を歩んだので社長のイスが転がり込んだ。
中村会長は、社長時代この会社を食い物にし投資の失敗、巨額損失があっても権力闘争に明け暮れ、見事会長の座を射止めた。そのため「謙虚とバランス」が座右の銘❓(笑)の兵頭社長は極めて適任であったのだろう。
ただ、住商の業績はこのとおり。

毛沢東の下に周恩来あり。
周恩来は、穏やかに毛沢東のもと生き抜いた。
我慢にがまんをかさねて。周恩来こそ「謙虚とバランス」のかただろう。
毛沢東は、大躍進や文化大革命をして権力闘争で政敵を倒して、国をめちゃくちゃにした。自分の権利のみに固執して。

中村会長は誰かに似てますね(笑)

逆に伊藤忠の岡藤会長は本当に素晴らしい。輝かしい。